ふくふく便り07月号をアップしました。

コロナ感染の第二波が心配される中、今度は九州から岐阜・長野まで広範囲に亘って、甚大な大雨被害をもたらした「線状降水帯」が悪さをしています。梅雨末期、できるだけ被害の少ないことを祈ります。
さて、ボランティアさんの活動も徐々に再開されています。久しぶりの合唱は楽しい雰囲気でした。
梅雨真っ只中なので外に出かけることは出来ませんが、体操やリクレーションで楽しく元気に過ごすように心がけています。
季節の絵手紙、切り絵、朝顔の壁画作成など楽しい行事が盛り沢山でした。また、夏野菜(トマト・ナス・キュウリなど)の収穫も始まりました。
ふくふくは7月も明るく元気いっぱいです。ぜひ、ご覧ください。
プリントもできますので、保存用や鑑賞用にぜひ利用してみてください。

各ふくふく事業所では、手洗い・うがい・マスク・換気・検温等を確実に励行するよう心がけていきます。収束がいつになるかは見通せませんが、ご家族の皆様とともに頑張ってまいります。何かご心配のことがありましたら、どんな些細なことでも、管理者、ケアマネ、職員にご相談ください。